読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリマアプリの教科書

メルカリ、ラクマ、フリル、フリマアプリの使い方を徹底解説

らくらくメルカリ便で利用できるネコポスとは?使い方を徹底的に紹介!

メルカリが提供するサービスにらくらくメルカリ便というものがある。

 

そのらくらくメルカリ便での中でも複数のサービスが用意されている。

ネコポス、宅急便コンパクト、通常の宅急便の3つだ。

 

今回はその中でもネコポスに焦点を当てて紹介していきたい。

 

らくらくメルカリ便で利用できるネコポスとは?

f:id:haruharu5:20170425111321j:plain

ネコポスとはらくらくメルカリ便利用時に利用できる配送サービスだ。

特徴として、

  • 全国一律の送料
  • ポストに配送される

などの特徴が挙げられる。宅急便コンパクトとの違いに言及しながら、ネコポス利用時の注意点を紹介していく。

 

 

ネコポスで配送できるサイズ

f:id:haruharu5:20170425111327p:plain

 ネコポスで配送できるサイズはどの位のサイズが使えるのだろうか?

ネコポスで利用できるサイズは

  • A4サイズ(縦31.2cm 横22.8cm) 厚さ2.5cm
  • 重さ1kg以内

上記、数字となる。A4サイズの封筒を目安にするとイメージがしやすいだろう。

 

 

これ以上のサイズのものになると宅急便コンパクトを利用するのがいいだろう。

宅急便コンパクトのサイズや料金はこちらで言及している。

厚さが5cmまで対応可能で、重さに制限がないのがネコポスと宅急便コンパクトの違いだろう。

らくらくメルカリ便で使える宅急便コンパクトの使い方まとめ - フリマアプリの教科書

 

 

ネコポスの配送料金は?

重さやサイズに制限があるネコポスだが、らくらくメルカリ便で使える配送の中では最安だ。

配送料金は全国一律195円(税込)

 

配送料は配送時に支払う必要はなく、売上金の振込時に差し引かれた額が支払われる。

 

宅急便コンパクトでは専用資材が必要だったけど?

宅急便コンパクトでは専用資材が必要でこちらで用意した梱包資材は使えなかった。

しかし、ネコポスでは自分で用意した梱包資材が使える。

 

A4サイズ以下であれば、自分で用意した茶封筒や袋が使える。

 

宅急便コンパクトの専用資材はヤマト営業所から一部のコンビニでしか購入できなかったので、自前で使っていない封筒などで用意できるのは嬉しい所だ。

 

 

ネコポスで匿名配送は使えるのか?

ネコポスでも同じくメルカリの匿名配送を使うことができる。

 

出品する際に、配送方法にらくらくメルカリ便を設定しておけば自動的に匿名配送が適用される。

 

 

匿名配送とは出品者・落札者がお互いの住所情報を開示することなく、取引ができるシステムだ。

 

 

発送できる場所はヤマト営業所から?

らくらくメルカリ便で宅急便コンパクトを利用した場合、発送できる場所はヤマト営業所への持ち込みだけだろうか?

 

これは3種類の中から出品者は選択することができる。

 

 

ネコポスで日時指定を使うには?

残念ながらネコポスはポストへの投函のため、配送の日時指定ができない。

宅急便コンパクトや通常の配送では日時指定ができるが、ネコポスでは日時指定ができないので注意が必要だ。

 

時々、落札者の方でこのことを知らない人もいるので、質問された場合は丁寧にお断りを入れよう。

 

ネコポスの追跡番号は付くのかどうか?

ネコポスには追跡番号が付く。

特にフリマアプリやオークションでは荷物の追跡があるかどうかはかなり重要なのでこれは嬉しいサービスだ。

追跡があるかないかで出品者、落札者お互いに安心して取引ができる。

 

ネコポス配送時の注意点

ネコポスは上述したようにポスト投函の配送サービスとなる。

追跡番号はしっかり付くのだが、例えば一軒家のポストは雨ざらしになっていることもあるので防水対策はしっかりしたい。

 

宅急便コンパクトにも必要だが、ネコポスはポスト配送なので一層防水対策をする必要がある。

 

そして、もう一点。らくらくメルカリ便では集荷依頼をすれば荷物を自宅まで取りに来てくれるが集荷依頼はネコポス利用時には使えないので注意が必要だ。

 

参照:https://guide.mercariapp.com/jp/shipping/rakuraku.html