フリマアプリの教科書

メルカリ、ラクマ、フリル、フリマアプリの使い方を徹底解説

ゆうゆうメルカリ便まとめ!サイズ、送料、発送手続きをまとめて紹介

新しくスタートしたメルカリの配送サービス、ゆうゆうメルカリ便

これはメルカリと日本郵政がタッグを組んで誕生した配送サービスだ。

 

スタートしたばかりの配送サービスなので、送料や送ることができるサイズなどまだ分からない人も多いかもしれない。

 

今回はゆうゆうメルカリ便とは?という点からサイズ、送料、手続き方法など必要な情報をまとめたので参考にしてほしい。

 

ゆうゆうメルカリ便とは?

f:id:haruharu5:20170622121556j:plain

メルカリと日本郵政が新しく作った配送サービス。

類似のものとしては、メルカリ×ヤマトが作った配送サービスであるらくらくメルカリ便を想像してもらうと分かりやすいだろう。

 

出品者は郵便局やローソン、ミニストップから商品を発送することができる。(ミニストップは現在対応しておらず順次対応予定とのこと)

手続きはらくらくメルカリ便と同じで、スマホのQRコードをかざして伝票を出力するスタイルだ。

 

ゆうゆうメルカリ便の発送方法についてはこちらの記事で詳しく紹介しているので参考にしてほしい。

ゆうゆうメルカリ便を郵便局やコンビニから発送する方法 - フリマアプリの教科書

 

こちらの記事でも触れているが、全ての郵便局から発送可能なわけではないので注意してほしい。

ゆうプリタッチというファミポートのような端末を操作して配送伝票を作るのだが、規模の小さな郵便局に置いていない。

 

配送時に近所のゆうプリタッチを設置している郵便局を調べることができるので、もしなければローソンかミニストップで対応しよう。

 

ゆうゆうメルカリ便の特徴

次にゆうゆうメルカリ便の特徴を紹介していく。

らくらくメルカリ便とほぼ同じだが、若干異なる部分もあるので紹介していく。

 

全国一律の配送料

らくらくメルカリ便と同じくゆうゆうメルカリ便は全国一律の配送料となる。

購入者の配送住所によって配送料が変わらないのは出品者としてはありがたい。

 

受け取りに郵便局、コンビニ受け取りが可能

昨今、配送問題が浮上しているが受け取りに郵便局やコンビニ受け取りが指定できるのはニーズのある人にとっては便利だ。

 

先ほど、郵便局から発送する時に使えない郵便局もあると紹介したが受け取りに関しては全国どこの郵便局でも対応している。

 

宛名書きが不要

らくらくメルカリ便と同じで出品者は購入者の住所、氏名などの宛名を書く必要はない。

郵便局かコンビニの専用端末から配送伝票を出力するだけでOKだ。

 

追跡番号付き

もちろん、ゆうゆうメルカリ便には追跡番号が標準で付帯している。

アプリの取引画面から配送状況を確認でき、わざわざ追跡番号を入力する必要はない。

 

匿名配送が可能

らくらくメルカリ便と同じようにゆうゆうメルカリ便でも匿名配送が可能だ。

 

安心の配送補償

ゆうゆうメルカリ便には配送補償も標準で付帯している。

これは商品代金の全額まで補償してくれるというものだ。

 

ゆうゆうメルカリ便で配送できるサイズや送料は?

次にゆうゆうメルカリ便で配送できるサイズやそれに伴う送料を紹介していく。

  サイズ 送料(税込)
ゆうパケット(1kg以内) 60cm以内、厚さ3cm以内 175円
ゆうパック(30kg以内) 60サイズ 600円
ゆうパック(30kg以内) 80サイズ 700円
ゆうパック(30kg以内) 100サイズ 900円

 

ゆうパケットはネコポスのようなものをイメージしてもらえればよい。

ネコポスの厚さ2.5cmに対してゆうパケットは厚さ3cmなので、この0.5cmの差は少ないようで結構大きな差になる。

 

なお、配送料は全国一律の金額だ。

 

ゆうゆうメルカリ便の詳しい配送料についてはこちらの記事で紹介しているので参考にしてほしい。

ゆうゆうメルカリ便の送料はいくら?表にまとめる - フリマアプリの教科書 

 

ゆうゆうメルカリ便を使ってみた

さっそくゆうゆうメルカリ便が使えるようになったので、ローソンから発送してきた。

なお、ローソンではシステム障害が起こり一時発送できないことが報告されていた。

 

使えるか否かは取引画面でどこから発送するかを選択する時に注意書きが書かれているのでそちらを参考にしよう。

 

実際に使ってみた感想だが、手順はらくらくメルカリ便と全く同じだ。

ローソンのloppiでQRコードを使い伝票を出力

       ▼

レジに持っていき、配送伝票を貼り付ける

 

配送料は売上から差し引かれるので、もちろん現金での支払いは必要ない。

1つ気になったのが出来上がったばかりのサービスなのでスタッフにやり方が浸透していないこと。

 

ローソンの店長さんが苦笑いしながら対応してくれたがレジが混雑してしまった。

 

近所にゆうゆうメルカリ便に対応した郵便局(専用端末がある)があるならば、そちらで手続きをした方が良いだろう。

 

ゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便の比較

結局、ユーザーにとってはどちらの配送手段がベストなのか?

これはケースバイケースで考えるとよいと僕は思う。

 

例えば、ネコポスのようなAサイズの商品を送るのであればゆうゆうメルカリ便の方が安く送ることができる。

 

60~100サイズに関しては両方とも料金は変わらないのだが、ゆうゆうメルカリ便は重さが30kg以内となるので、サイズ内の重い商品であればゆうゆうメルカリ便がいいだろう。

 

しかし、100サイズ以上の対応はないのでそれ以上のサイズの商品であればらくらくメルカリ便を選択した方がいいだろう。

 

ゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便の詳しい送料やサイズの比較はこちらで詳しく紹介しているので、参考にしてほしい。

ゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便の比較!どちらが使いやすいのか? - フリマアプリの教科書

 

ゆうゆうメルカリ便ではトラブルも多い?

 随時、トラブルは解消されていくと思うが6月28日にローソンから発送できないというトラブルに見舞われた。

 

具体的にはローソン端末のLoppiから送り状が印刷できないというシステム障害だ。

 

その他にも60サイズの送料が80サイズで引き落としされていたなどのトラブルも報告されている。

 

始まったばかりの頃はこうしたトラブルは頻発するものだが、出品者としては気になるところだろう。

 

今後、こうしたトラブルは解消されていくと思うが、ローソンから発送できない場合は郵便局からの対応に切り替えたり、配送料が適切に引き落としされているか随時、確認することをおすすめする。

 

なお、配送料が過大に請求されていた場合はメルカリの運営に報告すれば対応してくれる。

ゆうゆうメルカリ便を含む日本郵便で障害が発生!ローソンからの発送が一時停止に - フリマアプリの教科書

 

ゆうゆうメルカリ便Q&A

ここからはゆうゆうメルカリ便に関するQ&Aを紹介していく。

 

匿名配送は無料で利用できますか?

ゆうゆうメルカリ便の匿名配送は無料で利用可能だ。

これは出品時にゆうゆうメルカリ便を選択することで利用することができる。

 

匿名配送だけど住所が見えている

ゆうゆうメルカリ便では匿名配送を選択すれば、特に手続きの必要もなく自動的で対応してくれている。

しかし、中には匿名配送になっていないという声も見受けられる。

これは途中で配送方法を変更したことが原因になっている。

例えば、最初は別の配送方法を選択しておいて売れた後にゆうゆうメルカリ便に変更したとする。

匿名配送は出品時にゆうゆうメルカリ便を設定しないと適用されないので住所が見えてしまっているというわけだ。

この場合は出品者に事情を説明するなり、再出品して対応するなりした方がトラブルに発展しないだろう。

 

購入した後に配送住所を変更したいと言われた

商品発送前であれば対応可能だ。

この場合は、購入者に配送先住所を変更してもらい印字用のQRコードを出力すればOKだ。

 

サイズを間違えて送り状を印刷してしまった

別のサイズであれば変更は可能だ。

その場合は取引画面で正しいサイズを再選択し、二次元コードを再表示させて対応する。

しかし、ゆうパックのサイズ変更は不可だ。

 

手続きが煩雑になってしまうので自宅を出る前に梱包後の3辺の合計をしっかり確認するようにしよう。

 

まとめ

いかだだろうか。

今回、ゆうゆうメルカリ便の使い方や料金などを網羅的に紹介した。

スタートしたばかりのサービスなので、不具合が少し目立ってしまったが運用と共にこれから改善されていくだろう。

 

特に封筒サイズの商品であればネコポスより安く配送できるので、適時選択しながら使い分けてほしい。