フリマアプリの教科書

メルカリ、ラクマ、フリル、フリマアプリの使い方を徹底解説

主婦におすすめ!自宅にいながら、らくらくメルカリ便でヤマトに集荷依頼をする方法

メルカリで利用できる配送方法にらくらくメルカリ便というものがある。

全国一律の料金で配送可能でメルカリの匿名配送もできるので便利な配送方法の1つだ。

 

このらくらくメルカリ便は送付する手段として複数の手段が用意されている。

この中でヤマトスタッフに自宅まで集荷に来もてらうパターンについて説明する。

主婦の方で自宅から離れられない人にはおすすめの発送方法だ。

 

らくらくメルカリ便で集荷依頼を出す方法

f:id:haruharu5:20170422155915j:plain

らくらくメルカリ便で商品を出品していることを前提で話しをすすめていく。

 

商品が購入された後、アプリから発送手続きをしていく。

f:id:haruharu5:20170422152315p:plain

ここで「ヤマトの集荷サービスを利用して発送」を選択する。

なお、集荷料としてプラス30円が送料に追加される。

 

f:id:haruharu5:20170422152646p:plain

次にサイズを選択する。品名は出品時の商品カテゴリが自動で反映される。

 

なお、その他カテゴリで出品した場合は品名が空欄になってしまうので手動で入力する。

 

f:id:haruharu5:20170422154040p:plain

次に集荷希望日をや時間帯を選択していく。

 

集荷希望日は当日~4日間の間で選択できる。あまり先の集荷希望日は選択できないので注意。

 

これで集荷依頼の操作は完了だ。

 

 

ヤマトの集荷スタッフが来た場合の対応

ヤマトの集荷依頼の操作が終わったらあとは商品を梱包してヤマトスタッフの到着を待つ。

 

ヤマトのスタッフが到着したら商品を渡して、アプリに記載されている送り状番号を提示すればOKだ。

f:id:haruharu5:20170422154606p:plain

 

この時に配送料の支払いは必要ない。

 

配送料は売り上げの振り込み時に差し引かれて振り込まれることになる。

 

 

らくらくメルカリ便で集荷依頼をする際の注意点

配送料にプラス30円

手間賃というか自宅にまで引き取りに来てくれるので、プラス30円が配送料に追加される。

かなり割安なサービスだと思う。

 

 

集荷依頼ではネコポスは使えない

らくらくメルカリ便のネコポスを利用した場合、集荷依頼はすることができない。

ネコポスで配送する場合は、コンビニか営業所に持参しよう。

 

引用:メルカリ公式サイト | らくらくメルカリ便

 

▼関連記事

らくらくメルカリ便完全ガイド。メルカリ初心者必見! - フリマアプリの教科書