フリマアプリの教科書

メルカリ、ラクマ、フリル、フリマアプリの使い方を徹底解説

メルカリの手数料はいくら?出品者、購入者にかかる手数料まとめ

メルカリは自分の好きな商品を売ったり買ったりできるフリマアプリだが、メルカリでは手数料というものが、発生する。

 

特に出品者にとっては具体的にメルカリではどの位の手数料が発生するのか?という点を抑えておかないと予想の販売利益を下回ってしまうことになる。

 

メルカリの手数料に関して購入者も例外ではない。

 

メルカリの手数料に関することを網羅的にまとめてみた。出品者と購入者双方にかかってくる手数料をまとめたので、メルカリを始めたばかりの人はぜひ参考にしてほしい。

メルカリの手数料はどの位かかるのか?

f:id:haruharu5:20170428135739j:plain

メルカリの手数料はどの位かかるのか?ケースバイケースでまとめてみる。

 

出品者・購入者双方はぜひ参考にしてほしい。

 

 

メルカリの出品者は手数料はいくら発生するのか?

当然、メルカリの出品者側では出品手数料というものが発生する。

これは販売価格の10%が発生する。

1000円の商品が売れると、100円の販売手数料が発生する。

なんだ100円かと思うかもしれないが、1万円の商品が売れると当然手数料は1000円にもなる。

 

これは商品の値付けを行う上で抑えておかないといけない数値だ。  

▼関連記事

メルカリの出品手数料はいくら?出品手数料をしっかり抑えて売上をコントロールする - フリマアプリの教科書

 

メルカリでは配送料にも注意しよう

「手数料」には分類されないが、メルカリで1番注意したいのが配送料だ。

例えばヤフオクでは長く、配送料は購入者が負担して当たり前という風潮がある。

しかし、メルカリでは配送料は出品者負担という土壌が形成されている。

 

もちろん、出品時にどちらが負担するかは出品者が選択できるのだが、こうした風潮もあり送料を購入者負担とする商品はよほどの人気商品でない限り、売れにくい。

 

実質、出品者は自分で配送料負担を選択するわけだがこの配送料が販売手数料よりも厄介となる。

 

配送料がいくらかかるのかをしっかり値付けの段階で把握しておかないと、商品は売れたけど売り上げがほとんどない、という事態に陥ることになる。

 

これはメルカリで使えるゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便の送料を表にしたものだ。

  ゆうゆうメルカリ便 らくらくメルカリ便
ネコポスAサイズ 175円
1kg以内
195円
1kg以内
宅急便コンパクトサイズ

175円

1kg以内

380円(専用BOXは65円)

重さ制限なし

60サイズ

600円

30kg以内

600円

2kg以内

80サイズ

700円

30kg以内

700円

5kg以内

100サイズ

900円

30kg以内

900円

10kg以内

 

どちらも便利なサービスなので、基本的にはどちらかの配送方法をオススメする。

手数料算出の参考にしてほしい。

ゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便の比較!どちらが使いやすいのか? - フリマアプリの教科書

 

売上を受け取る時の振込手数料はいくら?

商品が無事に売れても、売上金を銀行口座に振り込まないことには売上を回収できない。

こちらもケースバイケースで、売上金の額が1万円未満か1万円以上かで変わってくる。

 

1万円未満の場合は、210円の振込手数料が発生する。

1万円以上の振込であれば、手数料は無料だ。

 

もし、売上が1万円を超えない場合かつメルカリで商品を購入する習慣がある人は売り上げをそのまま購入費用に充てるのも賢い方法だ。

 

この場合は、手数料で引かれることなくそのまま売り上げを購入費用に充てることができる。

 

▼関連記事

メルカリの振込手数料はいくらかかる?それとも無料?有料と無料の違いを解説 - フリマアプリの教科書

 

メルカリの手数料は5%らしい?

メルカリでは不定期で手数料の割引キャンペーンを行なっている。

f:id:haruharu5:20170428150547p:plain

 

こちらのキャンペーンは、2017年4月まで行われていたキャンペーンだ。

こうしたキャンペーンをうまく活用すると、販売利益を底上げすることができる。

 

例えば、単品で売っていた商品をまとめて1万円以上の価格に設定したりなどだ。

 

この他にもゆうゆうメルカリ便がリリースされた時は、ポイントによるキャッシュバックもあった。

 

なお、こうした不定期に開催されるキャンペーンはアプリ内の通知から確認することができる。

 

販売価格縛りでのキャンペーン、商品ジャンル縛りでのキャンペーンなど様々だが、こうしたキャンペーンを見逃さずうまく活用していこう。

 

メルカリの購入者には手数料はかかるのか?

ここまでメルカリの出品者側にかかる手数料を取り上げてきた。

一方でメルカリの出品者側には手数料はかかるのだろうか?

 

メルカリでは利用は無料、購入時の手数料もかからない。

しかし、場合によっては出品者もかかる場合がある。

 

これは、支払い方法の選択で手数料が発生するケースがあるからだ。

 

端的に述べると、クレジットカード払い以外を選択すると手数料が100円発生する。

クレジットカード払い以外の支払いは

  • コンビニ払い
  • dケータイ払い
  • auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い

こちらの4つがある。これらの支払い方法では手数料が100円発生するので、できればクレジットカードを選択するのが賢い方法だろう。

 

▼関連記事

メルカリでクレジットカードは使える?使い方を詳しく解説 - フリマアプリの教科書

 

 

まとめ

メルカリでは細かい部分で手数料が出品者、購入者双方に発生する。

特に出品者に関してはいくら手数料がかかるのか(送料も含めて)把握しておかないと、手間の割には売上が少ないという事態が発生する。

 

値段を下げまくれば物は売れるが、利益が薄いのであれば手間の負担の方が大きくなるだろう。

 

まとめると、このような感じになる。

  • 販売手数料は売り上げの10%
  • 送料がいくらかかるかは事前にサイズ・重さを測り把握する
  • 売上の振込手数料は1万円未満は210円発生する
  • 購入者も支払い方法によっては手数料が100円発生する