フリマアプリの教科書

メルカリ、ラクマ、フリル、フリマアプリの使い方を徹底解説

メルカリの出品手数料はいくら?出品手数料をしっかり抑えて売上をコントロールする

メルカリの出品手数料をしっかり把握することは、出品者としてしっかり売上のコントロールをすることになる。

 

出品者が気をつけたいメルカリの出品手数料について詳しく解説していく。

 

 

メルカリの出品手数料はいくら?

f:id:haruharu5:20170428135739j:plain

メルカリは出品した段階では手数料は発生しない。商品が売れた時にだけ出品手数料が発生する。

そのメルカリの出品手数料は販売代金の10%だ。

 

メルカリがスタートした当初はユーザーを増やすために販売手数料が無料だった。

しかし、現在ではユーザーも集めることに成功しているので販売手数料を取るビジネスモデルにチェンジした。

 

しかし、厳密に言うとメルカリにかかる出品手数料は10%ではない。

以下で詳しく紹介していく。

 

 

送料にも出品手数料が含まれる

1000円の商品が売れた時、出品手数料は10%なので100円の手数料が発生すると考えるだろう。

 

しかし、商品は売れただけではダメでそこから配送をしないといけない。

出品者負担で配送料を計上した場合は、この配送料にも出品手数料が加算される。

分かりやすく配送料が500円発生したとしよう。

 

この時は1500円に10%がかかってくるので、150円の出品手数料が発生することになる。

 

ここはすごく細かい部分だけど、実質の出品手数料は10%ではないことも注意が必要だ。

 

ただし、配送料が着払いの場合はこの限りではない。

しかし、購入者側としては送料込みの商品が好まれるのでそちらの方が商品は売れやすくなる。

 

 

出品手数料以外にかかる手数料

もう1つ出品者が知っておきたい手数料がある。

それは、メルカリの振込手数料だ。

 

1万円未満の売上金を銀行に振り込む場合には振込手数料が210円かかるのでこちらも注意したい。

 

なお、1万円以上になれば振込手数料は無料となる。

 

 

メルカリの出品手数料が割引されるキャンペーンもある

不定期ではあるが、メルカリでは出品手数料が割引になるキャンペーンも不定期で開催れる。

 

f:id:haruharu5:20170428150547p:plain

こちらは2016年10月から2017年3月まで開催されていた販売手数料の割引キャンペーン。

こうした情報はメルカリアプリの通知で告知されるので、こうした割引キャンペーンが開催されている場合はぜひ活用しよう。

 

画像引用:メルカリ公式 | 販売手数料割引キャンペーン

 

 

▼関連記事

メルカリの手数料まとめ。メルカリの手数料をしっかり抑えよう。 - フリマアプリの教科書