フリマアプリの教科書

メルカリ、ラクマ、フリル、フリマアプリの使い方を徹底解説

メルカリのプロフィールの良い書き方と悪い書き方を紹介。プロフィールは売上を左右する!

メルカリのプロフィールはしっかり書いてる?

メルカリでは商品が売れる要因には様々な要素が絡んでくる。写真の撮り方、商品の選定などなど。

その中でも初心者が見落としがちなのがメルカリのプロフィールだ。

 

買主によってはプロフィール次第で購入を諦める人もいるので、プロフィールはしっかり、そして良い内容を記載した方が絶対にいい。

 

良い例、悪い例を交えながらメルカリのプロフィールの書き方を紹介していく。

 

メルカリのプロフィールの書き方を一挙紹介!

f:id:haruharu5:20170509053501j:plain

冒頭でも触れたがメルカリのプロフィールをしっかり書くことはかなり重要になる。

プロフィールとはいわば、売主の顔だ。

 

ここが疎かになっていると売れる商品も売れない。実際に買主は商品を写真で判断→商品詳細を見る→売主のプロフィールを見るという流れを取っているユーザーも多い。

 

同じような商品が出品されていた時に、プロフィールが充実していなかったり内容が悪ければユーザーは他に流れてしまうだろう。

 

そういった取りこぼしを防ぐために、メルカリのプロフィールの書き方を紹介していく。

 

メルカリのプロフィールを編集する方法

メルカリでプロフィールを変更する方法自体は簡単だ。

ホーム画面左上のメニューから設定→プロフィールを選択する。

f:id:haruharu5:20170509060104j:plain

プロフィール画面ではニックネーム、出品者の写真、プロフィール説明文を編集することができる。

 f:id:haruharu5:20170509060102j:plain

 

メルカリの良いプロフィールの書き方

ここからは売上に貢献する良いプロフィールの書き方を紹介していく。

意識することは2つ。

出品者の人柄が分かる文を添えることと、取引に対する誠実さを盛り込めばOKだ。

 

メルカリは出会いの場でもなければ、SNSでもない。購入者が求めているのは「この出品者と安全に取引できるかどうか?」という一点のみだ。

 

その他にも取引に関する注意点があれば、そのことも記載しよう。

例えば、

  • コメントなしで購入OK
  • 値下げには対応していません

などが挙げられる。事前にこちらからルールを指定することで、延々と続く値下げ地獄などに事前に対応することができる。

 

商品数が少なければ問題ないが、ある程度商品が多い場合や仕事で忙しい場合はこの値下げの申し出にたまにイラっとすることがある。

 

もちろん、値下げOKな人はそのことは書かなくて良い。

 

以下にメルカリのプロフィールの例文を記載するので参考にしてほしい。

重ねて言うが、大事なのは2つ。人柄が分かること、誠実さが伝わることだ。

訪問ありがとうございます、▲と申します。

使わなくなった服や靴などを出品しています。

購入いただいた方に満足していただけるように迅速・丁寧な対応を心がけています。

コメントなしの購入もOKです!

普段は▲で会社員をしているので、発送や返信は基本的に平日の夜となります。

その他、何かありましたらお気軽に商品のコメント欄にてご質問ください。

 

上記の文章だと固い印象も受けるが、そこは細かく変えてもらってもOKだ。

 

 

メルカリの悪いプロフィールの書き方

反対にメルカリの悪いプロフィール例もある。

端的に言うと良い例の真逆、つまり誠実さを感じれない、取引に不安を覚えてしまうプロフィールだ。

  • 取引前に必ずコメントをお願いします。それ以外は全てキャンセルします。
  • 取引完了後は必ず評価をお願いします。
  • 取り置きは一切対応していません。

時々、上から目線というか強気なプロフィール文を見かける。自分ルールを相手に押し付けるのもあまりよろしくない。

 

そして、アホっぽい文面にも注意しよう。

「値下げには対応しませんのでww」

 

あくまで第三者が商品を売買する場として意識していれば、しっかりとしたプロフィール文になると思う。

 

メルカリの購入者はプロフィールを書かなくて良いのか?

上記の例ではメルカリの出品者側の立場としてのプロフィールに言及した。

購入者側もプロフィールを書くことは必須ではないが、やはりプロフィールを書いた方が良い。

プロフィール自体、5分もかかることではないし一回書けばそれで終わりだ。

 

一度、書くだけでその後の取引が円滑に進むとすれば購入者側も十分に書く価値がある。

僕は基本的に出品専門だが、購入してもらった場合にプロフィールは見る。

評価やプロフィールはやはり取引を進める上で重要な指標になるからだ。