フリマアプリの教科書

メルカリ、ラクマ、フリル、フリマアプリの使い方を徹底解説

メルカリで返金はできるの?キャンセルした場合の、返金方法を紹介

メルカリの返金対応はどのようにすればいいのだろうか?

メルカリで取引をして、場合によってはトラブルで返金をしないといけないケースに遭遇する場合もある。

 

もちろん、そうしたことはない方がいいのだが、出品者→購入者に返金をする対応方法について紹介していく。

 

メルカリで返金はできるのか?返金方法とは

f:id:haruharu5:20170512142029j:plain

メルカリでは取引によってキャンセル、返金ができる場合がある。

 

メルカリの公式では以下のように説明がされている。

 

基本的にキャンセルすることはできません。

【取引キャンセル可能なケース】

出品者側のキャンセル:購入者が支払いを完了しない
購入者側のキャンセル:発送までの日数を過ぎても発送されない

 

 

基本的にはキャンセルは不可だが、上記の例や運営側がキャンセル妥当と認めた場合のみキャンセルが可能だ。

そして、キャンセルが成立すると支払われた料金は購入者に返金される。

 

 

取引をキャンセルする方法

上記2例以外でキャンセルする場合は、カスタマーとの個別対応になる。

この時にカスタマー側の判断材料としては、取引メッセージの履歴が主なものになるので取引に不安を覚えた場合はやり取りをしっかり残しておこう。

 

間違ってもフリーアドレスやLINEを使って直接やり取りしないことだ。

メルカリのアプリ外でのやり取りはカスタマーから見えず、判断材料が乏しくなってしまうからだ。

 

購入者、出品者双方キャンセルを申し出る場合はアプリのお問い合わせからメルカリ運営に申請する。

メルカリの通報の仕方!迷惑ユーザーや商品にはカスタマーに問い合わせよう - フリマアプリの教科書

 

 

メルカリの返金はどうする?

取引自体がキャンセルになれば、自動的に売上金は購入者に返金される。

出品者も、購入者も特に操作は不要だ。

 

なお、返金に際しての手数料はかからない。

コンビニやATM払い時の手数料100円も含んだ金額で返金される。

 

■クレジットカード払いの時

クレジットカードによる決済自体をキャンセル

 

■コンビニ支払い、ATM支払いの時

決済手数料もあわせて、購入者の売り上げへ付与される

 

■ケータイ払い

購入日時とキャンセル日時によって返金方法が異なるため要明細書確認

 

■ポイント使用時

購入者のポイントへ返金

 

■売上金使用時

購入者の売り上げへ返金

 

 

購入者の手元にある商品はどうする?

取引をキャンセルする際に、もし商品を受け取り済みの場合は返品をする必要がある。

配送方法や出品者の受け取り確認など最後までしっかり行おう。

 

この時に配送事故で商品が返品されてませんと言われないように、追跡番号付きの配送方法を使うようにしよう。

 

以下の記事で紹介しているが、基本的には運営側の指示にしたがって返品対応を行っていこう。

直接やり取りをして口座情報を公開したり、返品専用ページを作るとトラブルのもとになりかねないので注意しよう。

 

▼参考記事

メルカリで返品はできる?トラブルに巻き込まれた場合の対処方法を紹介 - フリマアプリの教科書