フリマアプリの教科書

メルカリ、ラクマ、フリル、フリマアプリの使い方を徹底解説

メルカリで返品はできる?トラブルに巻き込まれた場合の対処方法を紹介

メルカリで返品は可能なのだろうか?

購入ページにノークレーム・ノーリターン・ノーキャンセルと書いてあり、メルカリで返品できないのでは…と心配している人もいるかもしれない。

しかし、安心してほしい。

 

メルカリではしっかりとした理由があれば、取引自体はキャンセルされ返品可能だ。

 

今回はメルカリの返品対応について紹介していく。

 

メルカリで返品をする方法

f:id:haruharu5:20170512142029j:plain

メルカリで返品はしっかりとした理由があれば、対応可能だ。

 メルカリの公式には以下のような説明がなされている

基本的にキャンセルすることはできません。

【取引キャンセル可能なケース】

出品者側のキャンセル:購入者が支払いを完了しない
購入者側のキャンセル:発送までの日数を過ぎても発送されない

 

しかし、これ以外の理由でもキャンセルは可能で返品も可能だ。

購入者側の目線でキャンセルができる場合とは、購入者側に過失がないことが基本となる。

 

例えば、購入した商品が偽物だった、破損していた、説明とは違う瑕疵があったなどだ。

 

 

もちろん、これとは反対に返品ができないケースもある。

出品者に過失がない場合がこれに該当する。

  • 色違いが良かった
  • サイズを間違えた
  • 購入する気がなくなった

購入者本位の理由によるキャンセルは認められない。

 

 

キャンセルを運営側に申請する

こういった購入者側に落ち度がなく、取引をキャンセルしたい場合はメルカリのアプリ上からキャンセルの希望を申請することになる。

 

申請全てが通るわけではないが、購入者に落ち度がなくキャンセルの理由も妥当(商品が偽物だった)と認められた場合は運営側の方でキャンセル手続きをしてくれる。

 

インターネット上の記事で返品をする時には返品ページを仮で作成し、出品者に購入してもらい返品対応を行なっていくとあるが、これはあまりオススメしない。

 

メルカリ公式の説明ではこのように記載されている。

 

万が一、届いた商品が偽物だと判明した場合、受け取り評価は絶対にしないでください。

出品者にも偽物である旨を伝え、返品/返金に向けてお話し合いください。

また、事務局でサポートしますので、お問い合わせもお願いします。

直接口座番号を伝えたり、返品ページを作ってしまうとトラブルの原因になるためお控えください。

 

 

守ることは以下の2つ。

  • トラブルが起きたらすぐに詳細を運営に報告
  • 相手側から返品の流れを持ちかけられても鵜呑みにしない。運営に指示に従う