フリマアプリの教科書

メルカリ、ラクマ、フリル、フリマアプリの使い方を徹底解説

あれ?メルカリの検索で表示されない?検索されない理由とは?

メルカリには検索機能があるが、時々出品者の中で「メルカリの検索に出品した商品がヒットしない」という事例を見聞きする。

その原因にはどういったものがあるのだろうか?

 

メルカリで検索表示されないケースについて言及していく。

 

メルカリの検索結果に出品した商品が表示されない?

f:id:haruharu5:20170427120039j:plain

出品した商品が検索にヒットしないというのは死活問題だ。

そんな馬鹿な…と思うが、こういったケースはあることにはある。

 

検索結果にヒットしないケースは主に2つあり、1つは特に問題なしでもう1つは放置しておくと問題になる場合もある。

 

ケース①:検索エンジンにまだ反映されていない

1つのケースとしては、出品後すぐ検索結果に表示されない事例も報告されている。

これはメルカリ側のシステムの問題なので、なんとも言えないが出品から30分~1時間では商品が検索にヒットしないケースもあるようだ。

 

こういった場合は、特に出品者側でやれることはないので時間が過ぎて商品が検索エンジンに反映されるのを待とう。

 

 

ケース②:ペナルティを受けた時

こちらは最悪のケースの場合。

メルカリでは業者と判断されたり、何か問題がある行動を起こした場合はアカウントにペナルティを受けてしまう。

 

このペナルティを受けた状態だと、出品している商品が検索に表示されないケースがある。

これはケース①のように時間を置けば解決するものでもない。

 

さらに悲しいことにこういったケースでは運営側に問い合わせてもテンプレのようなメールの返信しか来ない。

 

そもそも論として、ペナルティを受けるような行動をすることがいけないことなのだが…

 

もし、時間が経っても商品が一向に検索結果に表示されない場合はペナルティを受けている可能性を疑った方だいいだろう。

 

よくあるパターンが、外部ツールによる大量出品だ。

そもそもフリマアプリで一個人が大量に出品することは想定されていないので、1日に何十件も出品しているとほぼ確実に運営側に目を付けられる。

 

ツールの使用は厳禁だ。

 

対策というか、ペナルティを受けないような運営を心がけるべきだ。

こちらの記事でアカウント停止を受ける事例や再開方法を紹介しているので、ケース②に該当する人は参考にしてほしい。

メルカリでアカウント停止になる事例まとめ。再開する方法は? - フリマアプリの教科書