フリマアプリの教科書

メルカリ、ラクマ、フリル、フリマアプリの使い方を徹底解説

メルカリでスマホや携帯を出品する方法。注意点もまとめる

メルカリでスマホや携帯を出品する時の注意点についてまとめる。

フリマアプリではスマホや携帯を出品することも可能だ。

 

僕たちが普段使っているスマホは実は高値で売れる場合がある。

しかし、メルカリやフリマアプリでスマホや携帯を出品する際にはいくつかの注意点がある。

 

過去に14台ほどオークションやフリマアプリで出品したことがあるので、個人が出品する時の注意点をまとめていく。

メルカリでスマホや携帯を出品する方法とは?

f:id:haruharu5:20170715112024j:plain

出品自体は簡単にすることができる。

いつもの手順でカメラでパシャり、そのまま説明文を添えて出品するだけでOKだ。

 

しかし、フリマアプリやオークションでスマホや携帯を販売する時にはトラブルが多発しているのも事実だ。

  • 携帯会社との契約はどうなるの?
  • 携帯のデータはどうするの?
  • SIMカードはどうすれば...
  • 購入者に個人情報がバレたりするの?

このように素人がいきなりスマホを個人に販売するのは、様々な不安が付いて回ると思う。僕もそうだった。

 

ここからは個人がメルカリのようなフリマアプリでスマホを販売する際の注意点について言及していく。

 

出品前には動作確認や状態確認は必須

f:id:haruharu5:20170503180959j:plain

出品しようとしているスマホや携帯は昨日まで使っていたものかもしれない。

もしかすると机の中に眠っていたものかもしれない。

 

いずれにしろ、出品前にはスマホや携帯の動作確認や状態確認は必須だ。

下記に出品前にチェックすべき項目を列挙する。

  • 画面に割れはないか
  • 画面は正常に表示されるか
  • 時々、落ちるなどの不具合はないか
  • カメラは正常に作動するか
  • スピーカーは正常に作動するか
  • ライトは正常に作動するか
  • 指紋認証やタッチ機能は正常に作動するか
  • 過去に水没したことはないか

特に気をつけたいのが過去に水没したことがあるか否かだ。

過去に水没したけど現在も正常に動いている

これは一見、問題ないように思えるかもしれないがスマホ、携帯内部では水没反応が出ている。

買い取った人間が買取業者でこの事実を知らなければ、チクリと言われる可能性が高い。

場合によっては返品の申し出もあるかもしれない。

 

もし、正常に作動していても過去に水没したことがあれば、その点もしっかり説明文に明記しよう。

 

これ以外にも購入時の箱や説明書などの付属品があれば、そちらも付けた方が価格がアップする要因になる。

 

データの初期化は必ず行う

これもスマホや携帯を出品する時に基本中の基本。

スマホや携帯には電話番号、LINEのやり取り、メールアドレス、パスワードなど個人情報がたくさん保管されている。

 

これをそのまま出品して第三者に渡せば、悪用される可能性がある。購入した方も受け取ったら個人データが丸々残っていたら驚くだろう。

 

こうならないように出品もしくは送付前にはデータの初期化を行うのは必須だ。

各端末、iPhoneAndroidか、携帯かで初期化の方法は異なる。

 

分割の機種代金が残っている場合は完済しておく

おそらく多くの人がスマホや携帯を購入する際に分割支払いの契約をしているだろう。

時々、分割代金が残っている状態で出品している人も見かけるが止めた方がいい。

 

分割代金は全て完済した状態で出品する方がトラブルにならなくて済む。

また、購入者側にとっても分割代金が残っているスマホは出来れば避けたいという心理が働く。そして、これは販売代金の低下に繋がる。

 

携帯会社との契約は解除する

f:id:haruharu5:20170503172328j:plain

当然だが出品前には各キャリアとの契約は解除しておこう。

購入先で何かトラブルがあった時に、責任を被るのは自分になってしまう。

 

いわゆる白ロム状態に戻してからの出品が必須だ。

白ロム - Wikipedia

 

以上がメルカリでスマホや携帯を出品する前の注意事項だ。

次は実際にスマホを出品するところを解説していく。

 

メルカリでスマホを出品してみる

商品撮影は全体と細部を撮影する

メルカリでは最大で4枚の画像を掲載できる。

1枚目は全体が分かる画像を(付属品含む)、2枚目以降は接写をした画像を掲載すると良いだろう。

ポイントは傷がある部分はしっかり写すこと。これにより購入後の無用なトラブルを避けることができる。

 

商品説明は面倒くさがらずに詳細を

洋服や本を売る時には商品状態やざっくりとした説明で十分だが、スマホや携帯を販売する時は詳細な情報が必要になってくる。というか、求められる。

情報不足で出品した場合はどちらにしろ質問攻めにあうので事前に詳細を書き込んでおこう。

 

下記にメルカリでスマホを出品する際の例文を用意するので参考にしてほしい。

 -----------------------------

【商品名】 [美品]iPhone▲ doocomo ▲GB カラー▲ 白ロム解約済み(分割代金完済済み)

【商品説明】 中古美品のiPhone▲になります。機種変更に伴い不要となったので出品します。

●機種・容量:iPhone6 16GB

●色:▲

●キャリア:▲

iOSバージョン:▲ (省略可)

●IMEI:15桁の番号記載

●付属品:純正充電ケーブル、イヤホン、箱

●動作:問題なし、アクチベーションロック解除済み

●状態:目立った傷なし、過去に水に濡れたことはありますが動作は問題ありません。

●コメント:

動作は問題ありませんが、画面に一部ひび割れがあります。3枚目の画像をご覧ください。

格安SIMを使った2台目などにいかがでしょうか。

発送はプチプチにくるんで追跡番号付きの配送方法(らくらくメルカリ便予定)で発送します。

-------------------------

 

このような感じでいいだろう。

あとは手持ちのスマホに合わせて修正してほしい。

 

なお、IMEI番号という聞きなれない単語が出てきたが、これは各スマホ・携帯に割り振られたシリアル番号のことだ。

この番号でその端末が過去に盗難されたものではないか?利用制限がかかった端末ではないか?ということを調べることができる。

 

この記載がないと事情に詳しい人であればIMEI番号を教えてくれませんか?と質問されるだろう。

豆知識として抑えておこう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/International_Mobile_Equipment_Identity

 

なお商品カテゴリはスマホ本体を選択しよう。スマホアクセサリーと間違えやすいので要注意。

 

商品が売れるとさっそく発送手続きへ

出品をしてスマホが売れれば発送手続きをすることになる。

しかし、少し待って欲しい。スマホの販売には業者が絡むことが多い。

これは国内で購入した中古のスマホを海外に転売する業者のことだ。

 

中には悪質な業者もいるので、評価0もしくは悪い評価が付いている購入者には絶対に販売をしないことをおすすめする。

 

評価0というのは過去に累積した悪い評価をリセットするためにアカウントを取り直したケースが考えられる。

そもそも評価0のフリマアプリ初心者がいきなりネットでスマホを購入することなんてない。

 

これ以外の購入者で少しやり取りをして問題ないと感じたら発送手続きを取ろう。

各コンビニから発送可能なのでこちらの記事を参考にしてほしい。

らくらくメルカリ便完全ガイド。メルカリ初心者必見! - フリマアプリの教科書

 

配送する際にはしっかりプチプチで梱包して、壊れ物扱いで送ろう。

絶対にやってはいけないのが補償なし、追跡なしの配送方法で送らないことだ。

 

まとめ

いかがだっただろうか?

メルカリでスマホや携帯を出品する方法を紹介した。

自分で書いておいてなんだが、「メルカリでスマホを売るのは面倒だな」と感じた人もいるかもしれない。

実際にスマホを個人で販売する時にはかなり労力を割かれるし、トラブルが起こることも多い。

これは購入者側がプロでないことと、出品する側もスマホを出品することに慣れていないためだ。

 

では、どうするのか?

 

個人情報の漏えいや販売したスマホが悪用されることを考えなくて良い1番の解決策はスマホ買取サイトに買い取ってもらい面倒な作業から解放されることだ。

 

いや、フリマで売った方が高値が付くのでは...と思うかもしれないがそんなことはない。

海外に販路を持っているので場合によってはメルカリより高く売れる。

サイト上から簡単に見積もりが出来るので、一度見積もってみることをおすすめする。