フリマアプリの教科書

メルカリ、ラクマ、フリル、フリマアプリの使い方を徹底解説

メルカリの転売をしている人は圧倒的にセンスがないと言わざるを得ない

メルカリを利用していると明らかに転売目的の出品者を見かける。

メルカリ転売とは、Amazonやネットショップなどの商品をそのままメルカリで転売する方法だ。形式は無在庫販売。


手元にない商品をあたかも所持しているように出品して注文があればAamazonや他のネットショップから発送するというものだ。

申し訳ないけど、過大評価をしてもメルカリで転売をやっている人は圧倒的にビジネスセンスが足りないと言わざるを得ない。 

 

メルカリの転売とは?

f:id:haruharu5:20170410192710j:plain

メルカリの転売のカラクリはいたってシンプルだ。
利ざやのある商品を出品する。以上。

 

実は販売のプラットフォームによって値段は異なる。

例えば、メルカリで5000円で落札される商品がAamazonでは3000円で購入できるといったものだ。


ここではメルカリーAmazonの例で紹介していく。

商品が購入されると、出品者はAmazonで商品を注文する。

この時にAmazonプライムを使って商品を出来るだけ早く手元に置く。

 

商品が届けば、それを再梱包しメルカリの落札者に届けるという仕組みだ。

中にはAmazonからそのまま相手方の住所に発送する人もいる。

 

このメルカリ転売のメリットとしては、無在庫販売ができるので在庫を負うリスクがないこと。

利ざやがある商品だけを出品すればするほど転売利益を稼げるというものだ。


種明かしをすればどうってことない仕組みだが、このメルカリ転売を血眼になってやっている人もいる。

誰でも種明かしをされると分かることなので、誰でもすることができる。つまり、ライバルが多い。

こうした独自性がない商品を販売する時に唯一、差別化できる点は値段だけなので値下合戦で全員が消耗していく。かなり滑稽だ。


メルカリ転売は運営側から禁止されている

僕が滑稽だなと思うのが、コツコツ転売で小銭を稼いでやってきて運営の取り締まりで一斉にアカウント停止を食ってしまうことだ。


その度にアカウントをせっせと作り直して、また転売→ペナルティ→アカウントの作り直しをやっていることだ。

 

以前まではアカウントの作り直しも簡単に行えていたが、運営側が取り締まりを強化したため、作り直しも困難になった。

メルカリでアカウント停止になる事例まとめ。再開する方法は? - フリマアプリの教科書

 


フリマアプリやオークション、ECサイトの肝は実績

このように何度もアカウントを作り直していると当然のことだが、評価が蓄積しない。

評価が蓄積しなければよほどのことがない限り落札されることはない。

同じ商品がほぼ同じ値段で出品されていて、片方は評価0(もしくは悪い評価)片方は評価がすごく良いとしたら評価0の方からは買わないだろう。

 

ここら辺を理解していないのか日雇いのような作業を黙々と繰り返すメルカリ転売屋は、圧倒的にセンスがないと言わざるを得ない。

 

中にはメルカリ転売のコンサルまでやる人もいるので、ヤバいとしか言いようがない。一度、対面して話をして何を考えて転売をしているのか聞いてみたいものだ。

 

メルカリの転売セミナーに参加、もしくは検討している人もセンスがないとしか言いようがない。


物販をするのならば

転売自体はとても嫌がられる行為だが、確かに初心者が楽に稼げる分野でもある。

やることは利ざやがある商品を探し出すことだけ。


これはツールを駆使したり、自分の商材を持っていると特に強い。

いわゆる、転売・せどりと言われるジャンルだ。


僕はECサイトを運営して年商4000万円までに至ったけど、そこに至るまで色々な手法を試してみた。 

  • Amazonマーケットプレイスでの輸入・輸出
  • 中国タオバオの輸入・輸出
  • 韓国せどり
  • ヤフーショッピングのECサイト運営

 

転売というか物販で一旗挙げたいと思うなら、誰でもやっているような簡単なこと、それこそメルカリ転売のような運営側からも禁止されていて誰でもできるようなことはやるべきじゃない。

 

禁止されている行為を破ってビジネスをやればいつかペナルティを食らう。稼げても小銭程度だ。


メルカリは趣味で使うけど、物販・せどりには本当に向いてないと感じる。あくまでフリマアプリなのだ。転売屋が出る幕ではない。


メルカリ転売は辞めて他で勝負をする

メルカリの転売に力を注ぐのならば他分野で勝負をした方がいい。


物販は売り上げが上がれば上がるほどリソースを他に割くのが難しくなってくるので、メルカリの転売で小銭を稼ぐ暇はなくなってくる。

 

転売で稼ぎたいと思うのならば、フリマアプリではなくAmazonやYahoo!、楽天でECショップを自らオープンするのがおすすめだ。

 

さらにおすすめしたいのが海外をまたいでビジネスをすること。海外はいいぞ。

 

国内では二束三文の商品でも海外では倍ほどの高値で売れることはザラだし、海外では二束三文の商品でも国内では大きな利益を生む商品となる。

 

もっと突っ込んだ話しになるとOEMでオリジナル商品を開発するという手段もある。

 

物販者がいきなり自分の生産工場を持つのは現実的ではないけど、OEMで生産を委託し自社製品を開発することだってできる。

 

あとは販路さえしっかり確保すれば、売れるものは売れる。しかもライバルはその製品を取り扱えない。なんたってオリジナルだからね。


まとめ

というわけで、メルカリであくせく転売をやるのはおすすめしない。
もっと視野を広く持って他者が真似できないようなビジネスを仕掛けるべきだと僕は思う。

 

▼関連記事