フリマアプリの教科書

メルカリ、ラクマ、フリル、フリマアプリの使い方を徹底解説

メルカリで商品券や図書カードは販売できない!

メルカリが本腰を入れている。

2017年になってメルカリでは現金の出品が相次ぎ、批判の的になった。

メルカリの現金出品問題に見る闇。どういったカラクリでお金が出品・落札されるのか? - フリマアプリの教科書

 

この問題を受けては以前まではとりあえず禁止にしていた商品券や図書カードの出品も本腰を入れて禁止にしたようだ。

 

メルカリで商品券や図書カードを出品することはできない

f:id:haruharu5:20170524180824j:plain

運営側の本気度が伺える。金融庁にお叱りを受けたのだろうか。

 

友人が手元にあった商品券や図書カードを出品してみたところ、出品から20分足らずで運営側からのキャンセルが入ったそうだ。

 

もはやメルカリで金券のジャンルは出品できないものと考えておいた方がいいかもしれない。

 

 

でも、出品している人見かけるけど?

念のため、言うと出品できないことはない。

例えば商品名に「商品券」と記載すると、システムで弾かれるようになっている。

しかし、間にスペースを作って「商品 券」というように記載すれば出品することはできる。

 

もしくは、商品券や図書カードと記載せずに「優待券」などと記載する方法もある。

 

しかし、ルール違反はルール違反だ。

 

他のユーザーが見つけて通報→目視で削除からは逃れられない。

意地になってなんとか目をすり抜けようと出品していると、その内にペナルティも食らってしまうだろう。

 

 

結論、メルカリでは商品券や図書カードは出品しない方がいい

現状、検索をしてみるとこれらの商品はたくさん出品されている。

しかし、いずれもたまたま運営の目をすり抜けているだけだ。

 

アカウント停止、売上没収に遭遇しないようにメルカリではこれらのジャンルは出品しないのが賢い方法だろう。

 

 

どうしても金券を出品したければヤフオク楽天がおすすめ

メルカリに比べるとヤフオク楽天はチェックが緩いので、金券を出品したい場合はこれらのオークションを利用するとよいだろう。

 

金券系は値付けが初心者には難しいところだが、オークションなら限度一杯まで入札があるので高く売れやすいというメリットもある。