読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリマアプリの教科書

メルカリ、ラクマ、フリル、フリマアプリの使い方を徹底解説

メルカリ独自のローカルルール、専用ページとは?

メルカリの専用ページとは

メルカリには独自のローカルルールで専用ページというものがある。

 

一度、理解してしまえば「あぁ、なるほど」となるものだが、メルカリ初心者の人にとっては少し理解し辛い部分もあるだろう。

 

そこでメルカリのローカルルールでもある専用ページの説明と、専用ページを利用する際の注意点をまとめてみる。

 

メルカリの専用ページとは?どういう時に使う?

f:id:haruharu5:20170503172328j:plain

メルカリの専用ページについてまとめてみよう。

そもそもメルカリの専用ページとは何なのか?

 

これは、メルカリ独自のローカルルールによるものだが、値下げ交渉をした際に、その人に向けた専用ページを作る際に利用される。

 

例えば、×円の商品を▲円に値下げした場合に、「専用ページを立てます」というやり取りを見た人は多いだろう。

 

 

Aさんが▲円なら買います!と取引メッセージでやり取りをして、出品者がそれに応じる形で、値引きした金額の専用ページを改めて作るというものだ。

 

 

メルカリの専用ページにまつわる注意点

メルカリで専用ページができるケースというのは、半分は取引が成立しているようなものだ。

 

出品者は購入希望者の値下げ交渉に応じて、専用ページを立てることになる。

 

ほぼ購入が確定している希望者とやり取りすることになるので、メリットだけのような気もするが、メルカリの専用ページにまつわる注意点もある。

 

1つは、メルカリの専用ページはメルカリの運営側が認めていないルールだということだ。

 

メルカリ運営の見解は先に商品を購入した人間にその購入権利が割り当てられるというものだ。

もし、メルカリの専用ページを使ってトラブルに見舞われても運営側の対応を期待しない方がいいだろう。

 

2つ目の注意点は、専用ページと言っても時々、横取り行為がされてしまうことだ。

メルカリの取り置きとは?取り置きをすべきケース、避けた方が良いケースを紹介 - フリマアプリの教科書

 

専用ページと言ってもあくまで商品タイトルに「▲様専用」と記載しているだけで、他のユーザーは購入できる状態にある。

そして、先ほども触れたようにメルカリ運営側は専用ページを認めていない。

 

あくまで購入した者が優先されるということだ。

 

 

まとめ

これら2つの注意点に気をつけながらメルカリの専用ページは運用した方がいいだろう。

購入者側では、専用ページで横取りされても文句は言えない。

 

出品者側では、専用ページを立てる手間やリスクを考えれば最初から値下げ交渉不可と対策を取ることもできる。