フリマアプリの教科書

メルカリ、ラクマ、フリル、フリマアプリの使い方を徹底解説

メルカリで発送する時にお礼の手紙を書くことのすすめ。これで評価が変わる。

メルカリで出品者として長く商品を販売してきた。

長く販売をしていると評価が蓄積されていくわけだが、この評価は取引において重要な意味を持つ。

 

僕はこの評価を上げるために様々なことを実践しているが、その中でも効果が高かったのが発送する時にお礼状をそっと添えることだ。

 

特にメルカリで出品を始めたばかりの人はぜひ参考にしてほしい。

 

メルカリで商品を発送する時にお礼の手紙を書いてみることの大切さ

おそらくこの記事を読んでいる人は、少なからずメルカリで出品や購入経験がある人が多いだろう。

 

想像してみてほしい。

 

あなたが商品を購入して数日後に、商品が届いた。

 

綺麗に包装された商品の状態は満足の行く状態のものであった。

ふと、1枚の紙が同封されていることに気づく。

 

目を通してみるとそこには出品者からの直筆メッセージが添えられていた。

 

「この度はご購入いただきましてありがとうございます。商品の状態や対応には問題なかったでしょうか?×さんが商品を気に入ってくれると嬉しいです。▲より」

 

どうだろう? 不快な気持ちになる人はいないはずで、むしろ「良い出品者だな」と感じる人が多いのではないだろうか。

 

僕自身、メルカリ歴は出品者・購入者共に長いのだが、メルカリで発送する時に手紙を添えることはやっていなかった。

 

でも、ある日主婦の方から商品を購入した時に、「なんだかいいなぁ」と感じたので、それをそのまま実践することにした。

 

反応は上々で商品到着後の受け取り評価が早くなり、評価向上にも繋がった。

 

メルカリで商品と一緒に手紙を添える

f:id:haruharu5:20170710125614j:plain

具体的な方法としては、とてもシンプルだ。

 

商品と一緒に手紙を添えるだけ。

 

手紙は100均で買えるものでも何でもいいし、それがなければポストイットのような付箋でも構わない。

f:id:haruharu5:20170710125611j:plain

 

要は手書きの自分の言葉で購入者への感謝の気持ちを伝えればOKだ。

 

手紙を書くときの文例

自分の言葉で書くことに越したことはないが、ここでは実際に僕が書いている文例を紹介する。

 

基本的な文例

「この度はご購入いただきましてありがとうございます。商品の状態や対応には問題なかったでしょうか?×さんが商品を気に入ってくれると嬉しいです。▲より」

 

発送が遅れたときの文例

「この度はご購入いただきましてありがとうございます。また、この度はこちらの不手際で発送が遅れまして申し訳ありませんでした。×さんが商品を気に入ってくれると嬉しいです。▲より」

 

このように取引に不手際があった場合でも、取引メッセージで謝罪の意を伝える+手書きのメッセージで謝罪の意を伝えるとさらに効果は増す。

 

フリマで会ったことがない相手としても、向こうも同じ人間だ。

こちらの誠実さをしっかり伝えることで、悪い評価が付きそうな場面でも回避できる。

 

これ以外にもその購入者に合わせた文面を添えるのも良い。

リピーターであれば、今回もありがとうございます!と伝えたり、その人に合ったメッセージにカスタマイズすることで効果はぐっと増す。

 

まとめ

いかがだっただろうか?

メルカリでお礼の手紙を書くことは、予想以上に効果があるのでぜひ試してみてほしい。

 

手紙を書く手間は1分もかからない。

 

このちょっとした手間だけで、評価が変わってくるのでメルカリ出品者にはぜひとも試してほしいテクニックの1つだ。