フリマアプリの教科書

メルカリ、ラクマ、フリル、フリマアプリの使い方を徹底解説

メルカリでGoogleプレイギフトカードは出品することができるのか?

メルカリでGoogleプレイギフトカードを出品することはできるのだろうか?

Googleplayギフトカードとは、Android携帯などで利用できるプリベイドカードだ。

 

これでアプリの課金や買い物ができるいわば、現金のようなものだ。

 

本題に戻ると、メルカリでこうしたGoogleプレイギフトカードのような商品を出品していいのだろうか?今回はその点について触れていく。

 

メルカリでGoogleプレイギフトカードは出品することができるのか?

f:id:haruharu5:20170727161558p:plain

結論から先に言う。メルカリでGoogleプレイギフトカードを出品することはできない。

もしかすると、過去にメルカリでGoogleプレイギフトカードの出品を見かけたことがある人もいるかもしれない。

 

しかし、メルカリでGoogleプレイギフトカードの出品できないものはできない。

なぜならメルカリ公式が規約でGoogleプレイギフトカードのようなお金としての働きを持つ商品の出品を禁止しているからだ。

//メルカリルールとマナーより抜粋//

オンラインギフト券(iTunesカード、Amazonギフト券など)

上記のような商品を見つけた場合はお問い合わせよりご連絡ください。

厳正に対処します。

 引用:https://guide.mercariapp.com/jp/contents/2

規約にモロに「オンラインギフト券」という文言がある。

運営の忠告を無視して出品すると最悪、アカウント停止などのペナルティを課されるので注意しよう。

 

メルカリでGoogleプレイギフトカードを出品するカラクリ

メルカリを利用したことがあるユーザーはこう思うかもしれない。

「いや、メルカリでGoogleプレイギフトカードを出品している人を見かけたことがある」と。

 

実はメルカリでは現金やそれに絡む商品の出品が度々問題になることがある。

メルカリの現金出品問題に見る闇。どういったカラクリでお金が出品・落札されるのか? - フリマアプリの教科書

 

もちろん、メルカリ運営側もこうした出品には目を光らせているがイタチごっこというのが現状だ。

 

他で出品されたのを見たことがあるから〜という理由で気軽に出品してしまうと、当然削除の対象になる。

削除だけなら、まぁ問題ないが場合によってはペナルティの対象となる。つまりアカウント停止のリスクがあるということだ。

 

メルカリ運営側はどのようにして、Googleプレイギフトカードのような出品を取り締まっているかというと、「自動検出」と「目視」による。

 

例えば「商品券」「図書カード」「Googleプレイギフトカード」など予め運営側が設定したキーワードに基づく出品を自動でキャンセルするというものだ。

 

しかし、この自動検出も精度には限界があるので、これをハックする輩が現れる。

例えば「図書 カード」のように文字の間にスペースを織りまぜることによって自動検出を逃れるという方法だ。

Googleプレイギフトカードであれば「Google プレイギフトカード」のような感じだ。

 

メルカリでGoogleプレイギフトカードを出品すると見つかる

しかし、こうした運営の盲点を付くような行為は非常に危険だ。

たとえ、運営の自動検出を見破れたとしても他ユーザーが通報機能を利用すれば、目視ですぐにバレるからだ。バレる時は本当にバレる。

 

ここで一例を紹介する。

 

Googleプレイギフトカードを運良く出品し、運営にバレずに購入されたとする。

出品して、すぐに購入され当日中に配送するという最速のケースだ。

 

しかし、このような最速のケースでも商品が無事に届いて受け取り評価をしてもらって、振込申請をするには早くても3〜5日はかかる。

この間の期間に運営にバレるだろう。

 

私事で恥ずかしい話しだが、昔に知らずにGoogleプレイギフトカードを出品したことがあった。

出品してすぐに取引がキャンセルされて運営からの警告があり、その時になって初めて「メルカリでGoogleプレイギフトカードは出品してはいけないんだ」と悟った。

 

どれ位の時間でキャンセル→警告されたのかというと出品してから30分も経っていなかった。

 

もし、そのまま商品を発送していたら運営からの警告で売上金は没収されていただろう。

 

結論:メルカリでGoogleプレイギフトカードを出品するのはNG

f:id:haruharu5:20170503091139j:plain

メルカリでGoogleプレイギフトカードを出品するのは、手続きとしては簡単だ。

しかし、先ほどから言っているようにペナルティを食らう確率が高い。というか100%。

 

アカウント停止→出品停止という最悪の事態を自ら招くことになる。

もちろん、「これはメルカリでGoogleプレイギフトカードが出品できないなんて知りませんでした」では通用しない。

 

どうやって手元のGoogleプレイギフトカードを処分すればいいのか?

メルカリでGoogleプレイギフトカードなどの商品券を出品するのは非常にリスキーだ。

場合によってはペナルティを受け出品停止、アカウント停止になるので注意してほしい。

 

クレジットカードのポイント特典などでiTunesカードをよくいただくことがある。

僕は特にGoogleプレイギフトカードを使う機会は少ないので現金に換金したいという気持ちはあった。でもメルカリではダメ...

 

どうしようかと思っていたら、友人がGoogleプレイギフトカードの買取サービスでアマテン という業界最大手のサービスを教えてくれたが、これが良かった。

 

アマテン は簡単に言うと、Googleプレイギフトカードなどに特化した個人間のフリマサービスだ。

実際の利用の流れはこのような感じだ。

Googleプレイギフトカードを出品

    ▼

他ユーザーが購入→支払い

    ▼

自分の口座に銀行振込

 

ポイントは発送、梱包などの作業が一切ないこと。すべてネット上で完結できるのがポイントだ。もちろんGoogleプレイギフトカードの出品に特化したサービスなのでメルカリのように規約違反になることもない。

 

おすすめのサービスなので、手元にGoogleプレイギフトカードがある人は利用してみてほしい。

ギフト券のフリマサイト「アマテン」