フリマアプリの教科書

メルカリ、ラクマ、フリル、フリマアプリの使い方を徹底解説

メルカリのフリマに参加すればリアル出店ができる!出店料は?どこで開催されている?情報まとめ

最近、メルカリが力を入れているプロジェクトがある。

 

それはメルカリフリマと呼ばれるもので、従来のアプリ上の取引ではなくリアル出店をし、フリーマーケットに参加できるというもの。

 

そこにはフリマアプリ上では味わえないコミュニケーションや面白さがある。

 

定期的に開催されているイベントだがスタートして日も浅いためか情報は多くない。

そこで今回、メルカリフリマに関する情報をまとめてみたので参考にしてほしい。

 

メルカリフリマとは?

f:id:haruharu5:20170505193807p:plain

「オンラインでもオフラインでも!フリマをもっと気軽に、身近なものに! 」をコンセプトとして、メルカリが企画・運営するフリーマケットイベントのことです。

株式会社メルカリでは、「捨てる」を無くすために、個人間で簡単かつ安全にモノを売買できるフリマアプリ「メルカリ」を展開しております。 インターネットを通じてだけではなく、リアルの場でもフリーマケットを通してリユースを促進し、エコな社会の実現を目指したいという気持ちから、イベントの企画がスタートしました。

引用:メルカリフリマについて | メルカリフリマ

 

どこで開催されている?

メルカリフリマの開催は不定期で開催地域もバラバラだ。

詳しくはメルカリ公式のフリマイベント一覧のページから確認できる。

http://www.mercari-fleamarket.com/event/

 

直近では大阪・熊本・福岡で開催された。

 

 

メルカリフリマの出店料はいくら?

メルカリフリマで出店するのは公式サイトからの出店登録が必要になる。

近隣のエリアで開催された場合は、ぜひリアルフリマの参加も検討してみよう。

 

なお、メルカリフリマの出店料は500円で出店可能だ。

かなり格安で出店することができるため、簡単に元を取ることはできるだろう。

 

 

メルカリフリマ出店に関してのルールは?

出店に関しては出店時のガイドラインを参考にすると良いだろう。

一般的なルールとしては、下記のようなものになる。

  • はみ出し出店は禁止(それぞれにエリアが割り振られている)
  • ブースでの喫煙は禁止
  • ゴミは必ず持ち帰ること
  • 販売禁止ブランドにご注意

 

特に注意したいのが販売禁止ブランドがあるということだ。

これは、ヴィトン・エルメス・グッチ・ロレックスの商品を新品・中古問わず販売できないことだ。

 

たとえ本物の商品であっても出品できないので注意が必要だ。

これほど厳しく決められた背景はお察しの所だろうと思う。

 

まとめ

アプリ上でのフリマも楽しいがリアルでのフリマ体験も一度してみると面白いかもしれない。

出店料もかなり安いので、出店予約ができれば友人・知人から不用品を集めて販売するのも1つだろう。

 

初めての出店者からすると意外なルールが定められているので、出店前にしっかりルールを確認しお互いに気持ちよく利用できるフリマにしよう。