フリマアプリの教科書

メルカリ、ラクマ、フリル、フリマアプリの使い方を徹底解説

メルカリのコンビニ支払いで購入者が支払ってくれない場合の対処方法は?

メルカリにはクレジットカード払いと、コンビニ支払い(銀行ATM)がある。

購入者はいずれかの支払い方法を任意で選択できるのだが、クレジットカード払いは即時決済に対してコンビニ支払いは購入後、ユーザーが支払い手続きをコンビニで行う必要がある。

購入者の支払いを待って、商品発送手続きに入るが中には支払い手続きを行なってくれないユーザーもいる。

今回はこういったユーザーに対して、どう対処していくのか方法を紹介していく。

 

購入者がコンビニ支払いを行なってくれない?

f:id:haruharu5:20170802180046j:plain

クレジットカード払いの場合は購入=決済になるのでそういったことはないが、コンビニ支払いの場合だと、購入者が支払いをしない限り購入は確定していないような状態になる。もちろんシステム上は購入確定なのだが、肝心の代金がメルカリ側に支払われていないので、出品者は発送を保留される状態になる。

 

ここからは自分の経験に基づいたものだが、コンビニ支払いを選択したユーザーは時々支払いを行なってくれない、もしくは遅延するユーザーが時々いる。

 

全てのユーザーが...ということではないが、コンビニ支払いの場合そのまま支払ってくれないユーザーは一定数いる。

 

購入者がコンビニ支払いをしてくれない場合の対処方法

特段の事情がない限り、コンビニ支払いだからと言って支払いを催促するのはNGだ。

まずは購入してくれたことを取引メッセージで素直に伝える。

「購入ありがとうございます。短い間ですが取引終了までよろしくお願いします。」

ポイントは取引メッセージを送ることで、相手に取引の意志があるかどうか確認する。

 

肝心の支払い時期だが、これはメルカリ上のシステムがある程度対応してくれるので僕は支払いの督促をすることはしない。

 

コンビニ支払いの期限を確認する

メルカリではコンビニ支払いの場合、支払い期限が短く設定されている。

確認方法は取引画面の1番上で確認することができる。

期日がしっかり定められているので、こちらの期限を超えた場合はキャンセルしてOKと公式が認めている。

 

なお、期限は購入から2日だ。割と短いのでこの位の期間は待てると思う。

 

支払い期限を過ぎたら

もし、支払い期限までに購入者が支払う場合には2つの選択肢がある。

1つはキャンセルをする前にもう一度購入者に連絡を取り、取引の意志を確認すること。

「こんにちは。メルカリのシステム上、コンビニ支払いの期限が▲日までで期限が過ぎていますが、いかがしますか?」

せっかく、取引が成立したのにそのままキャンセルするのはもったいない。

中には仕事やプライベートで、うっかり忘れていた人もいるからだ。ポイントは支払いが遅れているからといってキレないことだ。キレてしまうと全て終わる。

 

もう1つの選択肢は期限が過ぎたのでそのままキャンセルすること。

先ほどと対応が全く違うが僕は1つの条件を定めて厳格に取引している。

 

それは過去に悪いの取引を獲得している出品者とは取引をしないことだ。

すでにメルカリを利用しているユーザーは分かると思うが、メルカリは普通に取引をしていれば「悪い」の評価を獲得することはない。

 

そういった評価があるということは、どこからしら問題を抱えているユーザーということだ。

だから、支払い期限を遅延している場合、過去の評価を見てその後の対応を決める。

良い評価しかなければ、期限が過ぎても待つ場合もあるが、悪いの評価があればバッサリ切り捨てる。

「申し訳ありませんが、メルカリのシステムが定めた支払い期限を過ぎてしまったのでキャンセルいたします。」

少しドライ過ぎる気もするが、過去にコンビニ支払いで痛い目を見たことがある。

 

ある購入者は給料が〜という理由で支払いがものすごく遅れた。3週間くらい待ったと思う。

結局、他で安く出品している商品を見つけたらしく僕との取引はそのままに他で購入されてしまった。

こういった過去があるので、僕は悪い評価を持っている人の「近いうちに支払いますから」という言葉は信じないようにしている。

 

まとめ

いかがだろうか。

メルカリのコンビニ支払いで購入者が一向に支払いをしてくれない場合は、2日の支払い期限が設けられる。

この時にユーザーが支払いをしなかった場合、取引をキャンセルするか継続するかは出品者に委ねられる。

購入者の過去の評価を見ながら個別に判断をしていくといいだろう。