フリマアプリの教科書

メルカリ、ラクマ、フリル、フリマアプリの使い方を徹底解説

メルカリでAmazonギフト券を出品することは可能か?

メルカリでAmazonギフト券を出品することは可能なのだろうか?

メルカリでは身の回りの様々なものが出品できるが、中には出品できるのか否かの判断が厳しいものもある。

 

出品禁止なのに間違って出品してしまうとアカウント停止の恐れもあるので注意が必要だ。

 

今回はメルカリでAmazonギフトコードが出品できるかどうかについて紹介する。

 

メルカリでAmazonギフト券は出品できるのか?

f:id:haruharu5:20170716125029j:plain

結論から先に言うとアマゾンギフト券を含む商品券や図書カードはメルカリでは出品できない。

メルカリの利用規約に少し分かり辛いのだが、下記のような規約がある。

2.出品禁止商品

出品者は次の各号に関係する商品の出品ができないことについて予め了承します。以下に該当する商品を出品した場合は、出品者の故意又は過失に関わらず、本規約違反行為とみなします。

  1. 債券、有価証券、保険等の金融商品

引用:https://www.mercari.com/jp/tos/

 

この債権、有価証券、保険等の金融商品というと株券などを想像してしまうが広義の意味で商品券なども含む。これはメルカリ運営側にも確認済みだ。

 

でも出品している人を見かけるけど?

確かにメルカリで「Amazonギフトコード」などのワードで検索すると出品しているような感じも見受けられる。

しかし、メルカリでAmazonギフト券をはじめとする商品券や図書カードの出品は運営が明確に禁止している。

 

まずキーワードの段階で自動的に弾かれる。

弾かれないユーザーは「Amazon ギフト 券」などスペースを入れて監視の目をすり抜けている。

 

実は出品してみた

恥ずかしながらかなり昔にAmazonギフト券を出品してはいけないのを知らなくて、普通に出品してしまった。

結果はどうなったかというと、まず出品してから10分もしないうちに取引が成立した。

定価に近い値段で出品していたにも関わらずね。

 

購入者からすぐに支払いと連絡が入り、じゃあ今日か明日中に発送しますねという話しになった。

 

ちょうど外出していたので帰宅してから発送するかと思っていたが、30分ほどしてメルカリの通知があることに気付く。

 

運営からのメッセージだった。

 

メッセージの内容はお客様が出品した商品は出品禁止商品に該当しますという旨だった。

 

取引が成立して支払いも済んでいたが、運営によって即キャンセルされていたわけだ。

運営側に謝罪のメールを送り、特にこの時はペナルティもなかった。

 

どうやって手元のAmazonギフト券を処分すればいいのか?

メルカリでAmazonギフト券などの商品券を出品するのは非常にリスキーだ。

場合によってはペナルティを受け出品停止、アカウント停止になるので注意してほしい。

 

僕はクレジットカードのポイント特典などでAmazonギフト券をよくいただくことがある。

特にAmazonギフト券を使う機会は少ないので現金に換金したいという気持ちはあった。でもメルカリではダメ...

 

どうしようかと思っていたら、友人がAmazonギフトコードの買取サービスでギフル という業界最大手のサービスを教えてくれたが、これが良かった。

 

ギフル は簡単に言うと、Amazonギフト券などに特化した個人間のフリマサービスだ。

実際の利用の流れはこのような感じだ。

Amazonギフト券を出品(写真撮影なし、コードを入力するだけ)

    ▼

他ユーザーが購入→支払い

    ▼

自分の口座に銀行振込

 

ポイントは発送、梱包などの作業が一切ないこと。

すべてネット上で完結できるのがポイントだ。もちろんAmazonギフト券の出品に特化したサービスなのでメルカリのように規約違反になることもない。

 

おすすめのサービスなので、手元にAmazonギフト券がある人は利用してみてほしい。

ギフル公式サイトへ