フリマアプリの教科書

メルカリ、ラクマ、フリル、フリマアプリの使い方を徹底解説

なぜフリルでは図書カードや金券が額面以上で落札されるのか?

フリルでは商品券や図書カードが出品されている光景を見たことがある人は多いだろう。

そして、その金券たちは額面以上より高い金額で取引されている。

 

これは一体どういうことなのだろうか?

 

1万円分の金券が1万2000円の金額で取引されている。

なぜ、フリルでは額面以上で金券が取引されるのか?

その点について詳しく解説する。

 

フリルで金券が額面以上で取引される理由

f:id:haruharu5:20170524180824j:plain

 

なぜフリルやフリマアプリでは金券が額面以上で取引されるのだろうか?


フリルで金券が額面以上で取引されるのは主に下記の理由からだ。

  • ショッピング枠の現金化
  • ポイントの消費

 

下記で1つずつその理由について取り上げていく。

 

ショッピング枠の現金化

f:id:haruharu5:20170917140940j:plain

フリルで金券が額面以上で取引される最大の理由は、クレジットカードのショッピング枠の現金化にある。

 

クレジットカードのショッピング枠の現金化、というのはどういう意味だろうか?

 

クレジットカード会社にもよるが、所持しているクレジットカードには各社によって違いはあれどショッピング枠というものが割り振られている。

要はそのクレジットカードでいくらまで買い物ができるか?というものだ。

学生カードなら10万円、社会人のカードなら100万円などそのショッピング枠はまちまちだ。

 

しかし、ショッピングはできるが例えばATMでそのまま現金を引き出すようなことはできない。これには別にキャッシング機能を付帯する必要があるが、別で審査が必要になり誰でも審査をパスできるわけではない。

 

 

つまり、クレジットカードを現金化したい場合は、ほとんどの人はこのキャッシング機能が使えずショッピング枠の中でクレジットカードを利用することになる。

 

ここで登場するのが、フリルなどのフリマアプリだ。

 

フリマアプリを使ったショッピング枠の現金化のカラクリはこうだ。

 

フリルで金券を購入

    ▼

金券ショップで買取、現金化する

 

ここで勘の良い読者の人はこう思うのではないだろうか?

「現金化はできるが、最終的に受け取る額は減ってしまうよね?」

 

まさしくその通りで、最終的に受け取る金額は目減りしてしまう。

しかし、クレジットカードのショッピング枠を現金化する人にとっては多少損をしても

「とにかく何でもいいからお金が欲しい」

 というのが動機だ。

出品者が少し額面以上の金額を上乗せしたとしても、ニーズがあるというわけだ。

 

ポイントの消費

もう1つの理由はフリルポイントの消費がある。

フリルでは定期的にポイント付与キャンペーンやクーポンが発行される。

 

それ以外にもフリルの招待コードを入力するとポイント付与もしてもらえる。

 

こういったフリルポイントを消費したい時に、とりあえず欲しい物がなければ金券を落札しておいて、いつか使ったり現金化したりするユーザーが一定数いる。

 

まとめ

以上が、フリルで図書カードや商品券が額面以上で落札される理由だ。

ご存知の通り、フリマアプリ界隈では現金出品に関する問題が勃発した。

 

 

当局から指摘もされたので、フリマアプリで金券を処分しようなどとは考えないことだ。

すぐにペナルティを受けてしまうだろう。