読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリマアプリの教科書

メルカリ、ラクマ、フリル、フリマアプリの使い方を徹底解説

メルカリの現金出品問題に見る闇。どういったカラクリでお金が出品・落札されるのか?

メルカリの現金出品が問題視されている。

何が問題なのか? その点について言及する。

 

メルカリ上で現金が出品されるようになった事の発端はSNS上で拡散されたメルカリの現金出品問題だ。

 

現金を出品して現金で買っても運営側に手数料を取られるだけでは?と思うが、例えば4万円の現金が4万7400円で出品されている。

 

これはどういうことだろう?

 

目的はショッピングカード枠の現金化

f:id:haruharu5:20170425094819j:plain

4万円の紙幣のためにクレジットカードで4万7400円を支払うのは通常の感覚の持主であれば相当に違和感を感じるだろう。

これは手持ちに現金がない人がカードの残枠を現金化する、いわゆるキャッシングというものだ。

 

アイフルやプロミスのようなものを想像すると分かりやすいと思う。

 

通常、お金をキャッシングする場合には審査が必要になる。

これはキャッシングサービスが付帯されているクレジットカードでも同じだ。

別途、申込が必要になる。

 

メルカリで出品された現金を落札する人は

  • キャッシング審査が面倒な人
  • キャッシング審査に合格しない人

 

どちらかだろう。おそらく後者の人が多いだろう。

 

カードは持っているけど、お財布事情が悪化してキャッシングを利用できなくなった人。

 

4万円を4万7400円で落札する時点でけっこう追い詰められているとも言える。

これにカード会社からの利息が10%以上上乗せされるわけだから相当に追い詰められているだろう。

 

出品者側のモラルも問われる

そもそも論として、出品者側にも相当にモラルが問われる案件じゃないだろうか。

確かに現金の価値は担保される。

 

誰が出品し始めたのかは分からないが、現金が売れるからといった理由で出品するのもね。

 

そもそも論として現金の郵送は禁止されているし、現金を出品するのはマズイというのも通常の感覚なら分かるだろう。

 

メルカリ運営の対応は?

かねてからメルカリでこういった現金や禁止商品の出品は横行して問題視されていた。 これはメルカリに限らずフリマ、オークションアプリが抱える闇だ。

 

あくまで売買の場を提供しているだけなので、利用者側のモラルに委ねるといったスタンスだが、簡単にモラルから逸脱する人間は出る。

 

現在では現金の出品は全てキャンセルされているが、初速の対応が遅かったのも火に油を注ぎ炎上する形になった。

 

お金の出品はダメなのか?

f:id:haruharu5:20170503091139j:plain

こうした騒動を見ると、メルカリのようなフリマアプリでお金を出品するのはNGなのだろうか?

 

メルカリでは現行の紙幣、硬貨はダメだと公式でアナウンスしている。 もともと記念硬貨や昔の紙幣はコレクターがいるので需要がある。

 

これも通常の感覚ならば何がダメで何がNGかは判断がつくだろう。

 

この問題について先日、金融庁貸金業法に抵触する恐れがあるとして対応を検討に入ったと発表した。

 

出品者は貸金業法違反、メルカリは貸金業の媒介にあたるという見解だ。

 

貸金業を行うには国の許可が必要になるわけで、個人がお金を出品する(貸金業を営む)のは言語道断のことなのだ。

 

 

まとめ

メルカリやそのほかのアプリでも現金出品が横行しているが、当然の事ながら出品も落札もしてはいけない。

 

アカウント停止ならまだしも、警察の御用になる可能性もあるからだ。

 

事実、金融庁も動き出しているという話しもあるので、絶対に辞めた方がいい。

アカウント停止くらいならまだ軽いものだが、警察が出てくるとか洒落にならなすぎる。

 

また最近ではメルカリで妊娠菌なる悪徳な商品の出品も目立つ。

これについては事態を重く見た運営が出品を取り消しする騒ぎにまでなった。

メルカリで出品される妊娠米とは?人の弱みにつけこんだ悪徳商法には注意! - フリマアプリの教科書

 

フリアマプリはユーザー同士が不要になったものを売買する場だ。

利用者側がこういったことに手を出さないように気をつけていきたい。

 

 

▼関連記事

メルカリの通報の仕方!迷惑ユーザーや商品には厳正に対処しよう - フリマアプリの教科書